快気祝いの意味とお返し

病気はとても気が滅入るものです。また家族の苦労も並大抵ではありません。親戚や友人など多くの人たちがお見舞いに来てくれて、いろいろな配慮もしてくれます。心配もしてくれるでしょう。

特に心が通い合っている人などは、病人や家族と同じように苦しんだりしてくれます。そのような人たちも、本人の病気や事故などの怪我が全快して退院をすればとても喜んでくれるでしょう。

もう退院したことだけで嬉しく思ってくれる人も多いと思います。まして病気だった人の家族などの経済的な負担も大きいでしょうから、お返しなどいらないよという人もほとんどでしょうが、それでも義理を欠くとその後の関係でも支障があるかもしれませんので快気祝いのお返しはしておいた方がいいとも思います。

その余裕がない時でもまわりの人は知っているでしょうから、わずかなものでもお返ししておくとますます信頼も深まるのではないでしょうか

快気祝いにはそのような役割もあると思います。昔はお赤飯を配ったそうですが、気持ちをお返しする意味でも食べ物などのすぐになくなるものが良いということです。快気と一緒に病気という気を消し去るということなんでしょうかね。ともかく良いことはみんなでお祝いするということなんでしょう。

快気祝いのマナーについて

快気祝いとは、疾病等より、全治された方を祝うために親類縁者、知人友人等関係者が催す、うちわの祝いのことであるが、時代の流れとともに、現在においては、療養中にお見舞いにいらしてくださった方や、まわりのお世話をしてくださった病院関係者への快調のお知らせとともに、お礼の気持ちを表すものとして、本人が金品を贈るものとされています。

贈る際にもマナーがあり、その時期としましては、退院の日、或いは、快復して寝具を片付けたあとの一週間以内にお礼の言葉とともに直接贈るものが慣例とされています。

贈る品物に関しましては、お見舞いにいらして下さった方へは、本人がお見舞いとして受け取った金額の三割から五割程度を目安に、お飲み物やケーキなど菓子折りの詰め合わせや、シャンプーや石けん等のセット、縁起を担ぐかたちで、快復し、疾病を繰り返さないことを祈念して、あとに残らない消耗品等に、贈ることもよいとされています。

療養中、お見舞金を持参されずにご挨拶といった形でお見舞いにいらして下さった方に関しては、快復した旨を、直接に口頭、或いは、御礼状等の書面によってお知らせするだけで足ります。お送りする際は、「快気祝い」の熨斗をはったうえで贈ります。

参考:https://shaddy.jp/kaiki/manner/

快気祝いを贈る際に気を付をつけること

病気やけがで入院した人が無事に完治して退院した後に、お見舞いをいただい方に病気の回復を報告し、いただいたお見舞いに対するお礼の気持ちを贈るのが快気祝いです。

お見舞いのお返しとして快気祝いを贈る場合には、いただいた金額の半分ぐらいのお返しをするのが一般的です。快気祝いを贈る時期は退院してから10日以内に届くようにすることが多いようです。

退院をしたけれどもまだ全快ではないという人の場合は快気内祝いとしてお返しをします。お見舞いに来てくれた人への感謝の気持ちと報告を兼ねて贈るのが快気祝いの本来の目的ですが、もしもまだ入院が長引いてしまいそうなので、お見舞いをいただいた人にお返ししたいという場合には御見舞御礼などののし書きにして贈ります。快気祝いののしは紅白の結び切りののしを使用します。

結び切りというのは病気やけがのように、重ねて起きては困ることを避けるという意味があります。また、快気祝いにお礼状を添える場合には病気が全快したことや退院できたことの喜び、退院後の近況報告やお見舞いに来てくれた人への感謝の気持ちを込めて書くようにします。

ご心配をおかけしました・・・や、おかげさまで全快しました・・・といった言葉を添えるようにすると良いです。

喜ばれる快気祝いの贈り物

快気祝いは、病気で入院していたときや自宅で療養していたときにお見舞いをいただいた方に、退院や床上げをした際にお礼としてお返しをするものを指します。

現金やお礼状を渡すという方も多いなか、贈り物をする方もいます。それでは具体的にどのような贈り物が良いのでしょうか。

昔から快気祝いは、形で残ってしまうものではなく、使ったり食べたりしてなくすことが出来るものが良いとされています。そのため、石けんやタオルお菓子などが最適の贈り物なのです。他にも油やコーヒーセット、ジュースの詰め合わせなども喜ばれる贈り物として人気となっています

また、最近では手軽であるということから商品券やカタログギフトが用いられる場合も多いのです。商品券であれば、自分の好きなものを購入するために使用することが出来ますし、カタログギフトはもらった側がカタログのなかから好きなものを選ぶことが出来るため、非常に喜ばれる贈り物でもあるのです。

このようにたくさんの種類の快気祝いの贈り物があります。快気祝いの贈り物をする際には、ただ贈り物を渡すだけではなくきちんと感謝の気持ちを伝えるようにすれば、より相手に喜んでもらうことが出来るでしょう。

 参考:http://giftpod.info/e-kk/item-100356.html

コメントを残す