知っておきたい快気祝いの基本マナー

もともと快気祝いとは、病気や怪我が全快した際に、お世話になった人や心配を掛けた人を招いた食事会や宴会などを開き、元気な姿を見せながらお祝いをする事を指していましたが、現在は、頂いたお見舞いの品へのお返し(お礼)として、贈り物を渡すのが主流となっています。

お見舞いを頂いた方全員にお返しをするのがマナーであり、完治したらなるべく早く10日以内を目安に贈るようにします。基本的に快気祝いの相場というのはないのですが、一般的にみて、頂いたお見舞いの品の半額程度の物を贈ることが多いようです。

快気祝いの品としては、「きれいさっぱり治った」「後に残らないように」という意味をこめて、使い切ってなくなるものや消えて(食べて)なくなるものが良いとされ、菓子や石鹸、洗剤、入浴剤などが多く使われています。

最近では、贈られた方が好きな商品を選ぶ事ができるカタログギフトを利用される方も多いようです。のし紙の水引きは、「重ねて起きては困ること」を避けるための意味合いで、紅白の結びきりを使います。

表書きは「快気祝」とし、下段には治癒した方本人の姓を書きます。また、快気祝いの品と一緒に、お心づかいを頂いたお礼と、病気や怪我の回復具合を伝えるお礼状を贈るのがマナーとされています。

快気祝いの意味について

快気祝いとは勘違いをされている方もいらっしゃるかも知れませんが、病気や怪我から回復して退院をした後に回復した本人かからお見舞いをくれた人に対してお返しをするのが快気祝いなのです。

回復された人に対してお祝いの気持ちをこめて快気祝いを贈るものだと勘違いされている方もいらっしゃるかも知れませんが全く逆のことなのです。入院をしているときにはお見舞いの品を持ってきてくれる人は多く、回復を何よりも多くの人が願っているという気持ちが身にしみます

そして病気が回復して退院したときには多くの方が喜んでくれるのです。その気持ちに感謝するという意味でも必要になります。快気祝いは大体は退院してから二週間以内までに出すのが一般的になっていますが決して焦ることはありません。退院してもまだ本調子ではない可能性もあるので無理に早くお返しをする必要はありません。

家族の方が出来るだけかわりにお返しをするようにしてください。そうすることによって退院された方も気を遣わずにすみます。快気祝いというのは自分が元気に克服できたということを伝えるためにもとても大事なものなのです。感謝の気持ちと同時に相手に安心を与えることができます。

快気祝いの品物と金額について

快気祝いという言葉は、若い世代の方にはあまり耳慣れない言葉かもしれませんね。快気祝いとは、病気や怪我が完治して病院から退院した後で、その間にお見舞いをくれた人へ退院の報告と感謝の気持ちを込めてお返しをすることを言います。

退院後、10日以内を目安に贈ることが理想的です。金額的には、いただいた金額の半額程度の品物を贈るのが一般的です。贈る物は、食べ物やタオルや洗剤、石鹸などの後に残らないものが良いとされています。

食べ物であれば赤飯や紅白もち、お菓子やコーヒーやお酒などの飲み物などがいいでしょう。食べ物も品物も、病気を残さないという願いが込められたお返しです。他にも無難なカタログギフトや商品券もお勧めです。カタログギフトや商品券ならば選ぶ楽しみも一緒に贈れてお得な気分になりますね。

お見舞いを品物でいただいた場合には、特に返す必要はありませんが、退院の報告に手紙やはがきを出すことをお勧めします。

お見舞いを贈った方も心配していますが、なかなか病状については聞きにくいものなので、こちらから報告しましょう。品物を贈る場合も手紙やはがきを送る場合も、元気そうな顔写真とメッセージなどを添えると、より心のこもったお返しになりますよ。

参考:https://my-best.com/1406

快気祝いの昔と今の現状

快気祝いとは、昔は病院で入院していて全快した時に日頃お世話になっている人や、お見舞いに来てくれた人達に感謝の念を込めてもてなしたり、そして自分自身の元気な体を見せたりする事でした。

しかし最近では、全快したらその感謝の念を品物という形で表現するようになっているようです。お見舞いに来てくれた人達へ対し、感謝の念を込めて品物を贈る形が、今で言う一般的な快気祝いのマナーと言えるでしょう。

勿論、品物を渡す時に顔を見せる事の方が相手にもどんな状態であるのか、安心させる事なので良い事でしょうが、なかなか場所が遠い人にはそれは難しいですね。郵送や宅配などで品物を贈る事が多いのが、現在だと思います。顔を見せられなくても、日頃の感謝の御礼やメッセージが伝わるような手紙、もしくはカードも一緒に添えた方がより気持ちを伝える事が可能でしょう。

快気祝いで贈る品物として多いものというのは、食品やお菓子、そして石鹸や洗剤などでしょう。その理由として、「病気があとに残らない」とかの理由で消費されて無くなるものを中心に考えるからだそうですよ。

これは是非、覚えておいた方が良いかもしれませんね。今はカタログギフトなどという相手に選んでもらうギフトもありますが、相手が気軽に好きな物を選べて好まれる傾向があるようです。だいぶ形も変わってきていますね。

参考:https://tuhan-cs.jp/hpgen/HPB/entries/5.html

コメントを残す