快気祝いのマナーについて書いてみました

病気や怪我などで、入院した時は、多くの方が心配してお見舞いに来てくれるので、病気が全快して、退院したら、お世話になった方々に必ず、快気祝いを送るようにしてほしいです。

お見舞いに頂いた金額の半額程度の商品を選ぶようにしてほしいです。

病気や怪我があとに残らないようにという意味で、食べたり、使用したりしてなくなってしまう商品が向いています。

日持ちのするおいしいお菓子類や、ジュースやコーヒーなどの飲料や、洗濯洗剤や、台所用洗剤などの消耗品や、毎日使用するタオルなどの実用的な商品が良いと思います。退院してから、なるべく、2週間以内には、相手の方に届くように配慮してほしいです。

品物と一緒にお礼状を添えておくと、相手の方に、感謝の気持ちが伝わると思います。快気祝いには、育ち盛りのお子様のいるご家庭では、シャンプーや、石鹸、ボディーソープなども、大変喜ばれます。お肌にやさしい無添加などの商品を選ぶようにすると安心して使用してもらうことが出来ます。

何を贈ったらよいか迷っている方は、参考にしてほしいです。相手の好きなものを選んでもらうことができるカタログギフトは、利用すると大変便利です。相手の方が、近くの方であれば、直接、手渡しをすると丁寧な印象を与えることが出来ます。

快気祝いにお菓子などを贈ります

快気祝いは病気や怪我によって入院や療養をしていた人が、完治して退院した後に「お見舞いをくれた人にお返しをする」といったものです。

全快したことの報告と、お見舞いに来てくれた人への感謝の気持ちを兼ねたものです。本来は全快した後にお世話になった人・心配をかけた人や、お見舞いに来てくれた人を全て、食事会や宴会に招いて元気な姿を見せるものです。

ただ、退院後ですから無理しないようにしていました。現在は内祝いで、親しい人だけにお返しすることが多いです。快気祝いのお返しとして品物を贈るさい、贈る時期は退院してから10日以内です。

品物は病気が残らないよう願いを込めて、残らない物がベストです。

具体的には昔は、食べれば後に残らない紅白餅や赤飯などでした。今は果物やお菓子、また飲み物などです。他に使うと後に残らない石けんや入浴剤、洗剤などです。品物の金額はもらったお見舞いの品の半額くらいが一般的です。

感謝の気持ちを込めたお礼状を添えることも大切です。なお「退院したものの全快はしてない」という場合は、退院祝いとしてお返しします。入院が長引いていて、まだ入院してるときにお返しをする場合は、お見舞お礼としてお返しします。

参考:https://ippin.gnavi.co.jp/article-7088/

ギフトを贈るならカタログが便利

ギフトを贈る機会というのは、意外にあるものです。そう、お見舞いに来てもらったお返しや、お中元にお歳暮、そしていつもお世話になっている人への感謝の気持ちとして、ギフト類を贈ることがあります。

また、父の日や母の日といったものも、贈りものをします。しかし、贈り物をしても相手が喜ぶものを知っているのならば、贈ったかいもあるでしょう。ですが、大概は余り知らないし、前もって聞くのもなんだか打算的で嫌なものです。

そんな時には、カタログを活用しましょう。今は、贈りたい金額予算をカタログとしてデパートなどでも、贈り物コーナーにあります。これならば、相手もカタログの中から好きなものを選べるし、必要なものを頼むことができるのです。

相手も、欲しいものを選べるので、不必要なものが家庭なに増えることがありません。家の中には不必要なものが結構あります。そういうものは、リサイクルショップへ売られるのが関の山でしょう。

ならば、ちゃんとその人にとって必要なものを贈ることが、、相手も喜ぶことに繋がります。また、自分でも相手へ贈るものを悩む必要もないし、選ぶこともないので大変時間の短縮にもなります。贈り物カタログは、こういう点で便利です。

参考:https://www.harmonick.co.jp/okaeshi/kaiki/

快気祝いを贈るマナー

快気祝いとは、いわばお見舞いのお礼です。入院中にお見舞いをくださった方に、病気が治ったこと、または通院が必要ではあるけれど退院はしたという報告をするためのものです。

基本的には使った後になくなるものを贈ります。これは「完全に治った」「あとに残らない」という意味が込められています。また、入浴剤やタオルも「病を水に流す」という意味があります。逆に、日本茶など香典返しでよく使われるものは避けておきましょう。

値段の相場は3分の1から2分の1です。贈って喜ばれる品物としては、洗剤のセット・調味料のセット・調理油のセット・ジュースのセット・タオルのセットが挙げられます。どれも家庭で毎日のように使うものですし、お返しにとても適しています。相手の家庭の状況に合わせて内容と量を選べばよいです。

工事現場の作業員や運動部の学生がいる家庭では、洗剤のセットが喜ばれます。小さなお子様がいるご家庭には、子供服ブランドのガーゼタオルが人気です。このように、日頃から相手の家庭状況をチェックしておけば内祝いで困ることはありません。

快気祝いは、お礼の気持とともに健康であることを表すものです。ひとつひとつ丁寧に選ぶことで、先方もきっと安心し、喜んでくれます。

コメントを残す